ホルモン剤を使ったHRTが体にもたらす影響はどんなものがあるのか

ホルモン剤を投与するという治療方法は、HRTと言う風に呼ばれているのです。女性ホルモンを補い、様々な症状緩和や改善をするという物なのですがその変化の度合いの感じ方というのは個人差がありますしある程度時間が経ってから効果が出て来る、という物もあるんですね。

■プレマリンなどのホルモン剤のご購入をお考えの方は
女性ホルモン剤「プレマリン」の個人輸入代行、販売・通販
■URL:http://www.ntp-k.org/medicine/hormone/premarin625.html

しかし、その変化の現れ方も体質や体の状態によって変わってくるんですね。

未開封の錠剤とメモ帳とメガネ

まずは3ヶ月試してみる

女性ホルモンが特に低下が顕著な人がホルモン剤を使用すると体が突然の変化によって驚いてしまう事があるんですね。どういう風に体に変化が起こるかということですが、人によっては月経の前のように乳が張ってしまったり、乳首の周りが痛くなってしまったりするように感じてしまう人もいます。

ほかにも、胃のむかつきやおりものが増えてしまうというような症状が出てくる人もいます。こうなると、ホルモン剤を飲む事での副作用の方が大きいのではないかと思う人も居るかもしれませんが、これはあくまで女性ホルモンがかなり低下していた人が、ホルモン剤で体内の女性ホルモンを増加させたことによる突発的な体の変化についていくためのものです。

大抵は、しばらく経つと体とホルモンの状態に慣れていきこういう症状が落ち着いていくようになっているんですね。なので、こういう症状がもしも出てしまったとしてもすぐにHRTをやめてしまうのではなく、医師と相談してこれは異常な症状なのか、それとも正常なのかという事を診断してもらい、薬の種類を変えたり内服量を減らしなどして症状をコントロールしながら慣れていく、というのが理想的です。

HRTのやめどき

基本的に、HRTというのはやめようと思えばその場で辞めてしまう事が出来る物ナノです。だからこそ、HRTを初めてこういった女性ホルモンの増加による副作用的な症状が出てしまった場合も、すぐに使用をやめてしまうのではなくHRTを3ヶ月程度続けていき、SMIという更年期障害の症状が出ているかというチェックリストを使ってみましょう。

そこで、更年期指数を数字で実際に出して見ると、ホルモン剤を投与するHRTによってそれらの症状が改善サれているということがデータとして出るはずですからね。

HRTは、症状が出てしまったから合わないというわけではなく症状が出てしまった場合も、それをコントロールしながら長期的に使っていく事で、よりその効果を発揮する事が出来る、というものになっています。

右手に聴診器、左手に未開封の錠剤を持つ男性医師

他にも、血液中のホルモン濃度やホルモンバランスも測定してみればホルモン剤を投与したことでそれらがいい方向に改善されていくということを数値として見て実感する事が出来るでしょう。

ホルモン、というのは多くても少なくても体に何らかの影響がはっきりと出る物質なので、ホルモン剤の投与というのも良い影響にしろ、副作用的な影響にしろかならず変化がすぐに現れる物ナノです。

しかし、それの是非を問うのはそれこそ医師に相談するという事が一番です。ホルモン剤を投与するHRTというのは、体に変化をもたらす影響がとても強いです。

しかし、それらは必ずしも悪いことばかりではないしいいことばかりではない、というのが現実です。ホルモンバランスによって、体が変化していくというのはいい方向だけをしっかりと伸ばしつつ、悪い事に関しては薬のコントロールなどを用いる事で緩和していく事が出来ます。

HRTは、特に辛い更年期障害には抜群に効きますのでおすすめです。